コストダウンで原状回復する基本的な手順

賃貸不動産から退去の連絡を受けるとまず実行しなければならないのが、次の入居者を迎え入れるための原状回復工事です。工事費用をコストダウンすることができれば運営費用が毎回退去のたびに抑えられますからちりも積もれば山となるがごとく馬鹿にならない金額になります。1万円でも10回の入退去で10万円にもなります。そうしたコストダウンを実現するには面積の大きな部分に手をつける必要があります。一番大きいのは床だと思われるかもしれませんが、実は壁紙です。壁紙と床を低価格で工事することができた場合に、大幅なコストの低下につながります。1平米あたりの単価を100円でも下げることができれば6畳のワンルームでも40平米壁面積がありますから4000円のコスト低下になります。

壁紙の原状回復工事を低コストで実現するには

原状回復における壁紙の一番のコストダウンは塗装することで実現することができます。壁紙自体は痛んでいない場合は特に室内用の水性ペンキで塗装してあげることで格段に平米単価を下げることができます。塗装だけでは色染みが浮き出てきてしまいそうな場合は、壁紙塗装専門の技術を持ったリフォーム業者もいますのでその方法で発注すると新品の張替えの半額程度の値段で塗り替えを実現することができます。どうしても新品に張替えをしないといけない場合であれば、量産型の白色クロスを用いることで、壁紙費用が平米100円以上安くなる場合があります。品番や価格を今一度確認してみましょう。この方法でも安くならない場合には職人さんとの交渉をするという方法もあります。職人さんの好きな時間隙間時間でやっていただいくかわりに値段を下げてもらう交渉をすると個人事業で工事を請け負っているところでは引き受けてくれる場合があります。

床のリフォームを低コストで実現するには

原状回復工事で次にコストダウンが期待できる部分が床になります。こちらも先ほどの壁紙同様の職人さんに請け負っていただくことを引き合いに出して、交渉することで値引きの上乗せも期待できます。先方も現場の移動をすることなく工事単価をアップすることができるので、承諾してくれる可能性も十分あります。それ以外の工夫では、床をクッションシートではなくフロアタイルに張り替えてしまうことです。一度の入退去では老朽化しないくらいの耐久性を誇りますので、単価自体はクッションシートに比べて1回目の張替え費用はかかりますが、2回目以降からはフロアタイルを張り替える必要もない場合が多くコストでは軍配が上がります。また、クッションシートでは部分的に張替えが難しいため時期を見て全面張替えを行いますが、フロアタイルは職人でなくても両面テープで張るだけですので個人で一枚ずつの入れ替えができます。タバコの焦げ跡なども入れ替えが簡単にできます。